旧スナックゆかりたんブログ。
by cbaristaykrx
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
SAKEROCK/YSIG/CG5/FBY@恵比寿LIQUID
へい、行ってきました8/27恵比寿リキッド。
どー考えてもフェスですこのメンツ。
SAKEROCK/YOUR SONG IS GOOD/CUBISMO GRAFICO FIVE/FRONTIER BACKYARD
夏の終りの素敵イベント。ライブ前から大興奮。
友人と参加、個人的にはFesta de RAMA後夜祭、
しかもFBY見れるじゃん!という一夜。

で、オイスカのアルバム発売翌日だから、オイスカTシャツで参加(笑)
これもRAMAと一緒ですね。
ライブ前恵比寿駅界隈をうろついて、色違いのおんなじオイスカTの女子と遭遇。
エスカレーターですれ違いざまに目があって、
「あっ!」って感じでした。こんなところで会うなんて。
ちなみにその子の彼氏はDROP KICK MURPHYS(つづり違うかも)Tシャツでした。
いいカップルっすね。


さてライブ。
最初はSAKEROCKだと思い込んでて、ロビーで友達と話してたら開演時間。
そしたら!聴きなれたあのイントロが。ってCG5からですか!!
ダーッシュ。
ゴリゴリ盛り上がる。
sound bwoys fire/sexwax/skank boops/upsetters/snowdome/barista/jamaica songなど。結構たくさんやりましたです。
skank boopsのゲストマーティンキヌー氏は新宿のリキッド行っちゃったそうで!
でタオルを頭上で振り回す「ヘリコプター」全開の会場。あれ涼しいね、マジで。
キヌー氏曰く「俺がオリジネーターだ!」ってことで。ヘリコプター。
まあ会場に舞うホコリのすごいこと(笑)

あと我が愛するBARISTAはラスト歌詞入ってました。
わーTGMX歌ってるよ。
それからこの曲、YSIG化していて、ラストあたりはちゃーべ氏手をふりながら「ぱっぱっぱらー、ぱっぱっぱらっぱー」と歌っておりました。
もちろん会場も応じてました。
PERFECTやんなかったなー。
んで、ちゃーべ氏&TGMX氏のロボットダンスも見れました。

でSAKEROCK。これは友達とのんびりしてました。
これだけで終わってすいません(笑)

あ、このあたりロビーでWWRBでスキャフルなナリ氏を見た気がする。

んでFBY。FBY、FBY!
the roomでスタート。
あとswinging life/white world/days of R&S/I want you back/more demand shatter/pairy land/terra formingなど。
そしてそして!新曲やりましたよ奥さん!新曲ですよ新曲!
会場の強い希望で新曲を(多分急遽)やることに。
田上さんが「できる?」みたいな感じでみんなに確認とり、
ちゃーべ氏はきょとんとしてた(ように見えた)んだけど演奏始まるとさすがで。
新曲はインスト、田上さんはシンセ。
で増渕ギターが裏拍ひきます。(個人的にツボです)
で、超疾走してます。うげー!うまく表現できませんが
私が自転車で深夜に疾走しそうな曲です。これじゃわかんないか。
で中間で違う曲調になって、ちょっとしっとりして、
後半また最初のフレーズに戻って疾走。
すげー。かっこいい。どうすりゃいいんですか。
しかもこの曲終わったとき田上さん「できた!」つってた。
なんかこういう曲できた感じとかいいねぇ。ライブって感じですよ。
立ち会えた感じです。出産に。

で新曲がいいんで、田上さんが「俺アガってますよ!」宣言なわけで。

さらにフジロックでの知らない人のテント「悪い子はいねかー」と襲撃した話。
そこで「出演者だ」と言っても信じてもらえなかった話。
そのテントにいた素人をまたステージに呼んで出演させるFBY(笑)
24時間TVのTシャツで出演する彼ら(笑)
例によってグダグダです。このグダグダコーナーがだいすきなんですよ!
演奏タイトなくせにね。増渕さんとか座り込んでるしよ、下手に。

んで相変わらず田上さんの声と歌は素晴らしかったです。
すげー好きです。
そしてFBYんときはやっぱギュウギュウでした、前のほう。
あとFBYもYSIG化してて、TA-1氏もちゃーべ氏もラストでシンセ担いでました。
シンセって担ぐもんなんですか基本(笑)


そして最後はユアソン。
いろいろやった。2466146、under the sea/papa's groove/super soul meetingなどなど。
ここでちょっと周囲に空間ができたので
踊り狂う準備は完璧。一緒に行った友人も楽しそうに踊っててうれしかったです。
今までのユアソンで一番楽しかったそうな。よかった。
私はもちろん暴れてました。
インストだと言葉ないから、純粋に踊り狂うねー。祝祭祝祭。

でアンコールはなんと!10inch stomp!ひっさしぶり。私聴くの。
友人に「危ないから気をつけてねー」と伝え、モッシュの輪の中へボーン。
いんやー、久しぶりだからねー。こりゃ燃えますね。
JJもダイブしてました。


というわけで、狂熱のライブは終了。
夏の終りに幸せな想い出ができたっす。
あとこの日私にとってはドラム祭り!
FBYのTDCさんもCG5の恒さんも、YSIGズィ~レイさんのドラムも
めちゃめちゃ好きなんですよ。
うまいのはもちろんだけど、やっぱかっこいい!すげー!しかも楽しそう!
たまたまドラムよく見えるところに行けたんで、
ドラムやりたくなりました。

CG5見てるとバンドやりたくなりますねー。
CG5の初期衝動がすっごい好きです。
もちろん練り上げられたもんだし、参加してる人の腕利きっぷりは尋常じゃないわけだけど
それでも初期衝動がなくなってないところが好きです。
CG5のコピーバンドやりたい!30過ぎてるけど(笑)


あーこれで終わっちゃった。と寂しさにひたっておったわけです。
でもねでもね。11/5に東洋大で『MASTER LOW/CG5/FBY』っつー学祭ライブがあるって告知が!
すげー!すげー!すげー!
これTGMX祭りじゃん!(全部出るじゃん)
って友人に言ったら、ちゃーべファンの彼女は「ちゃーべ祭りじゃん!」って言ってました。両方正解。
でも11/5ってなんかあった気がする。なんだっけ?
と気になってたら…はっ。ユアソンワンマンいけません!すいません!


なんかとっちらかってるけどこんな感じです。
本当はもっととっちらかってます。これでも片付けてます(笑)
[PR]
by cbaristaykrx | 2005-08-29 15:01 | ライブがらみ
Oi-skall matesの新譜出ました

Evil Taste Six Pint
Oi-SKALL MATES

8/26(金)、待ちに待ったoi-skall mates(以下オイスカ)の新譜”EVIL TASTE SIX PINT”発売日。
オイスカはとにかくかっこいいです。新譜1曲だけ試聴できます
聴いたことないよ、と言う方はぜひどうぞ。


スカでありR&Bでありアイリッシュパンクであり、

日本メロであり歌謡曲の精神もあり、

そして同時にいずれでもないという素晴らしいバンドです。

朝からワクワク。ワクワクしすぎて朝寝過ごす。げっ。
急いでたらうっかりオイスカのTシャツ着ていきそうになる。
それはいくらなんでも恥ずかしいので、ZOOT16のTシャツに着替えて出勤。

予約してた某DISC UNION、夜は9時半に閉まっちゃうようなので、
この時間までに仕事終わるのは不可能ね、ということで昼休みを利用していくことに。

エレベーターへ乗ってPUNKフロアまで。
扉が開いたらそこは。
大変なことに!
オイスカ祭りだよ全員集合!!
オイスカファンは行ってくれ!!
大変だから、すごいアガるから。アガリXだから。

まずエレベーター前のモニターではオイスカのライブの模様やらがエンドレスでかかってるわ、
店の中では3箇所くらいでいっせいに新譜がかかってるわで、
うろうろしてると3曲くらいいっぺんに耳に入ってくるし!
フロアのどこに行ってもテンションあがる、心拍数あがる、脈拍あがる、
血が湧き立つ、暴れたくなる、顔にやける。
どこに行ってもやられっぱなしですけど!!

まあまた曲がすごいかっこいいわけですよ。
めちゃめちゃ好きなわけですよ。
発売日とは言えライブで聴いてる曲なんで、
キメの所とかでついつい体が動いてしまい。

時間ないんでCD購入しに行く。
例のおまけがついた。(コンドーム)
あとアナログが入るくらいの袋もついた。
うれしいです。ムフ。
このアルバム、ジャケかっこいいなぁ。

帰り際にビデオちょっと見る。
あーすげーかっこいー。このビデオ全部見たいよ!
ほしいよ!なんかの特典でつけてくれ!売ってくれ!
本当に全部一周するまで見ていたかった。

UNIONのフリーペーパーの表紙がオイスカで
あわててもらってエレベーターに乗り会社に戻る。


会社で夜、わくわくしながら開封して仕事しつつ聴く。
ぎょえー!
大変です。また心拍数が…

ふと気づいたら3回聴いてた。
ホントにかっこいい。ライブに行きたくて仕方ありません。
[PR]
by cbaristaykrx | 2005-08-28 00:58 | 音楽のハナシ
無礼講カラオケ
友人とひっさびさにカラオケ。
カラオケなんて8ヶ月ぶり。

私は歌がうまくない。平たく言うと下手。
みんなで行くとかなりヤバい感じの(笑)
しかも歌いたい曲はみんなで行った場合「歌っていいの?」っていう曲ばっかり。
そんなこともあり、今となっては「みんなでカラオケ」的なことには
あまり興味はないわけですが、歌うことは好きなのです。
「歌い、たい!」という気持ちはつのるわけです。
UGAのCMじゃないけども。

んなわけで、友人とは1年に1回くらい
「無礼講カラオケ」をやります。

≪無礼講カラオケ、とは?≫
・何を歌ってもOK
・歌えない歌でもOK
・音をはずしてもOK
・特に拍手したり盛り上げる必要なし
(その割には結構盛り上がってるけど)
で2人で3時間くらいみっちり。


…というわけで、そろそろうっぷんが貯まってきたので
友人とカラオケ屋へ。


今回の目的のひとつは
YOUR SONG IS GOOD“GOOD BYE”がカラオケに入ってるっつーことで
それを確かめに行くことだったわけですが、
残念ながら入っていないやつでした。がっくし。
(※ちなみにこの曲、ほとんどインストなのです!なぜにカラオケに入ることになったのかは大いなる謎ですがいい曲ですよ。)
“WALKIN' WALKIN'”歌いたかったなー。仕切りなおしだな。これは。


しかしですね、最近はカラオケにいろんな曲が入っておりまして。
本見てるだけでも結構楽しいっす。
セットリスト上げたいけど覚えてないから適当に。
いらねーよ、そんなもんとか言わない(笑)
このリスト見ると普通にカラオケいけない理由が分かります。


・1曲目はフェアグラウンド・アトラクションの「PERFECT」
 (CUBISMO GRAFICO FIVE気分で)
・FRONTIER BACKYARD「WHITE WORLD」
 (FBYは1曲しかなかったけど、結構ちゃんと作ってあった)
・Oi-SKALL MATES祭り開催
 「SUMMER MINT BLUE」「ENJOY YOURSELF」「JUSTICE NUMBER69」
 「SCOOTER BOY SCOOTER GIRL」など
 (オイスカのライブ行きてー)
・SCAFULL KING祭り開催
 「SAVE YOU LOVE」「IRISH FARM」「WE ARE THE WORLD」などなど
 (クレジットに「SHUTA-LOW TAGAMI」「KENZI MASUBUCHI」とか出るたび盛り上がる我々)
・ROGER NICOLS&SMALL CIRCLE OF FRIENDS「DON'T TAKE YOUR TIME」
 (こんなのあるんですよ!)
・HAIRCUT100「FAVORITE SHIRTS」
 (こんなのもあるんですよ!フリッパーズギターがカバーしてた曲)
・ROCKING TIME「ありふれた言葉」
・WHAT A WONDERFUL WORLD
 (ラマフェスタの想い出に)


SCAFULL KINGをいっぱい歌ってみたのは初めてだったですが
かなり楽しい気分になりやした。
あ、もちろんちゃんとなんて歌えてないよ、難しすぎですよだって。
それでもメロのよさを再認識したりとか。
IRISH FARMは相当楽しかったなー。



ところでカラオケの画像ってある時代を最後に新ネタを追加してないようで
微妙にどれも古臭い(95年くらいか?)んだけど、
SCAFULL KINGのバックがなぜかビジュアル系"風"バンドであったりして
その合ってない具合がかなり面白かった!
写真とっておけばよかった。



帰るときに、お店の人が「サービスとなっております」つって
レシートと一緒にこの日歌った曲のリストの一部をくれました。
そんなサービスあるんですか。いろいろやってるんだね、カラオケ屋さんも。


というわけで、相当楽しかったです。
我ながら好きな曲に対する冒涜じゃないか?というレベルの歌唱力
(というか歌えてない。英語多いし)だけれども、それでも!
好きな曲歌うのはたのしーねー。
あと好きなミュージシャンの偉大さを再認識したりもします。

YOUR SONG IS GOOD探しにまた行かなくちゃ。
[PR]
by cbaristaykrx | 2005-08-22 23:49 | ライブがらみ
PERFECT!~Festa de RAMA二日目~
PERFECT!~Festa de RAMA二日目~

2005年08月16

この日もOi-skall matesTシャツで参加。
しかもこの日はOi-skall matesタオル。
だから出ないって。



■ WACK WACK RHYTHM BAND@1時くらい
1曲目からして「WACK WACK RHYTHM ISLAND」
まさにムーチョ・カリエンテ(凄く熱い)だった。



■ YOUR SONG IS GOOD@2時くらい
センター最前列をラクラクゲット。いいんですかこれで(笑)
この「見たい位置で見れる」というのもこのフェスの魅力。
だってその気になればどこででも見れるし、
踊るスペース確保されてるし、すぐ最前列いけるし。
これ夢じゃね?やばくね?



ユアソン、人は開始時にはほとんどおらず。
アウェイな感じだけど、まあ見ててよ、ということで。

最初からアゲアゲ。1曲目は「"2,4,6,6,1,64" Number」!

あとは順不同。


「熱帯BOY(新曲)」10インチストンプ風、マイナーコードあげあげ、
しかも「a-ha」コールありの悩ましげな曲。うーん最高。
「under the sea」「papa's groove」「good-bye」「walkin' walkin'」
もっとやったんだよなー。多分。

途中でダータカ氏、お腹痛めトイレへ。本番中に(笑)
その間にJJの「昔出張で瀬戸田来ました」話もあったなー。
ラストはもちろん「SUPER SOUL MEETING」!

炎天下の昼過ぎ。ものすごく暑いし体力消耗してるに違いないんだけど、
好きな曲だと体力って絞りだせるんだね。ミラクルだ。
最近まれに見る力あふれる己にびっくり。
これが火事場のバカ力なんでしょうか。(違うか?)謎物質出てるよね、脳から。
というかユアソンも多分同年代もしくは年上だから、彼らががんばっている限り
私も負けられないという気持ちになるわけですよ(笑)

空をガンガンみた。ユアソンの曲聴きながら青空が見れて、やしの木をのぞめる。
これが幸せでなくてなんだ?理想でなくてなんだ?

最前列だから時々後ろ見てたけど、人がドンドン増えてちょっと感動した。


■ CUBISMO GRAFICO FIVE@3時くらい
やべー。午後3時っつったらものすごくキュビTIMEですよ。
午前11時と午後3時はキュビな時間だと思わないっすか?(抽象的すぎる)

キュビ5はいつもの萌えイントロからスタート。
(※名曲の数々がコラージュされてる入りSE)
SKA FLAMES「RIP VAN WINKLE」で壊れる私。やむを得ず。
いやだって海でRIP VAN WINKLEって。

へい、出てきたCG5!TGMX水鉄砲でうちまくり!
曲は「SOUND BWOYS FIRE!!!」より。
最初からあげますよそりゃ。
炎天下、青い空。白い雲、やしの木、ちゃーべ。say yeah-ho!

そして早めに「BARISTA」やりました。
オルガンインストのこの曲が、私は本当に好きなのです。
この瞬間はちょっともうないんじゃないかと思うくらい。
空をいっぱい見た。メロもしっかり聴いた。
午後に海辺でバリスタ。夏に青空の下でバリスタ。
これ以上のぞむものは何もありません。

んで、「SKANK BOOPS」やった。
途中でちゃーべ氏が「REVOLUTION ROCK」歌うところがすごい好きです。
この瞬間もちゃんと記憶した。
書いてるだけで泣けてくるぐらいぐっときた。
これのマイクまわしで、TGMXはまたYSIG「あるいていこーかー」をやりました。
そして「JAMAICA SONG」。これもさー。夏の午後しかも4時とかに合うにも程がある。
これ以来この曲聴くと泣くクセがつきました。
あと「SEX WAX」も!ちゃんと楽しく騒ぎもしたさもちろん。

そしてちゃーべ氏、海、青空のこのロケーションを「パーフェクトです」ということで
「PERFECT」!!やりました。
本当にぱーふぇくと。なんか夢の世界が実現したというか。
寝てるのかな、自分。と思ったよ。流れる汗にかろうじてそうでないことがわかったけども。

何よりもラスト、TGMXの「WONDERFUL WORLD」を聴けたことです。
田上が前に出てきて歌い始めたとき、アゲハ蝶が飛んできて、
まわりをひらひらしてました。
胸を打つ光景だった。曲の内容とリンクしてる。
素晴らしき世界。何かの暗示のようだった。
本当にこの光景はとっておきたかった。どうしようもなく。

そしてナリくんとSHORTY(服部くんって言われてたけど)入れて
「JUMP UP!」やった。
で、飛ぶ羽目に、そしてタオル振り回す羽目に(笑)
まあ炎天下によくやったよね自分。

この2組が終わって放心。海にちょびっと入る。足だけ。
夏が終わったのかもしれないなー、これで。と思った。
私の好きなものが全部つまった時間だった。
あまりにも詰まりすぎてた。すべてが夢のようだった。
思い出すだけでせつなくなるっす。


■ 今野 英明&バンバンバザールデラックス@5時くらい
しかし夏はまだ終わってなかったのだ。
今野さんウクレレ弾き語り。
HEPTONESの曲やったり、あと「ケータリングのおばちゃんに頼まれて」と
「少年時代」をやる。
少年時代は、どうしても山見ながらせみの声とMIXしたくて
後ろ&サイドに移動してきいた。すげー。
しかも「長い影が夜にのびて」って歌詞あるんだけど
本当に影が長くなってた。泣いちゃうよ。全く。

その後バンバンバザールが合流して「PRETEND」やった!うぉー!
すっげーいい歌詞だよな。「ありふれた言葉」もやった!
今野さんギャグとして「僕の大ヒットチューン」「だってカラオケ入ってるよ」と紹介してました。あとギャグ「あ、ダイブは危ないんでやめてくださーい」というのもありました。しかも何回も(笑)


■ COPA SALVO@6時くらい
楽しかった!!
夕暮れ時で、エリちゃんのピアニカの曲聴きながら海の夕暮れみた。
これはやばかった。
マスダさんもっと歌えばいいのになー。あの人の歌が好きだ。
なんかSOUL&FUNK色が弱まっててちょっと寂しい。
最後ピーチくん、ステージから飛び降りてケガしてました。
その後救護所で見ましたw


■ LITTLE TEMPO@8時くらい
迷わず広島行きを決めた理由、「海でリトテン」のお時間です。
最初は「昼に聴きたい!」と思っていたが夜でよかった。
だってさー。空には星が出てるわけですよ。
どーしたらいいんだよ!

最初からひきで見ようと決めていた。
前に行っては、逆にもったいない。
海だの山だの星だの見ながら、踊らないとねー。

「GOLDEN NIGHT FALL」よりスタート。
「WHEELS ON FIRE」「SUMMERTIME」
「DRAGON TWIST」「SPICEDELIC」

「無能の人」では、シートに寝転んで星をみたり。
ほんっと自由に楽しんだ。満喫。

そして「MUSICAL BRAIN FOOD」!絶叫というか頭まっしろ。
全体的に私はうるさいし踊りすぎです。周囲にいた人すいません。
めちゃめちゃ開放されて踊りまくり。
仕方ありません。野外で夜で海辺で空には星、耳にはリトルテンポですよ。
スティールパンの音とメロディに脳みそとろけまくり。
自己解放しまくり。弛緩しまくり。

アンコールがあったので、ここだけはこらえきれず最前列へ走った。
曲は「シェゲナベイベー(Shake it up baby)」でした!!
私が広島に来る新幹線で泣いた、旅の始まりの曲だ。
締めもこれなんだね。

この曲のスティールパンが入ってくるところのワクワク感というか、
あったかい感じというか。何度聴いても鳥肌が立つ。

子どももいっぱい踊ってました。
出演者もいっぱい聴いてた。ビーチの人も気持ちよかったろうな。
あーなんか音楽とかお祭りっていいなぁと、祝祭感があるなと。
とにかく胸がいっぱいになるというかですね。

どこまでも俺フェスでした。
私の妄想じゃないかと思うくらい。

山が見れて、海、しかも瀬戸内の海が見れて、
セミが、それもひぐらしがたくさん鳴いてて、
時々ステージにセミやとんぼが乱入してきて。

本当に夢のようなフェスでした。
まさにぱーふぇくと。



運営した人ありがとう。
多分人生にあまりないスケールの感動をいただいたよ。
ちゃんとお礼の気持ちを送らないとなー。
[PR]
by cbaristaykrx | 2005-08-16 23:53 | ライブがらみ
What a wonderful world!~Festa de RAMA初日~
私が毎日、思い返しては涙している瀬戸田の野外フェス、Festa de RAMA。

今年行った人は、多分来年も来る。
今年来れなかった人も、来年は来たほうがいい。
この辺の音楽が好きなら絶対。
それぐらい野外でかつ海のそばっていうのは最高でした。

出演者もこの上ないメンバー。

■ 赤犬 ■ 犬式 (a.k.a Dogggy style) ■ EGO-WRAPPIN'
■ cutman-booche ■ CUBISMO GRAFICO FIVE ■ KODAMA AND THE DUB STATION BAND
■ COPA SALVO ■ 今野 英明 ■ 忍
■ SOIL &"PIMP"SESSIONS ■ 曽我部 恵一 バンド ■ DOBERMAN
■ HIFANA(leyonaがゲスト) ■ BAGDAD CAFE THE trenchtown
■ バンバンバザールデラックス ■ THE LITTLE ELEPHANT
■ LITTLE TEMPO ■ YOUR SONG IS GOOD ■ WACK WACK RHYTHM BAND  

本土からしまなみ街道(尾道から始まる橋なのだ)を生口島へ。
そう、このフェスタは島で開かれるのだ。
大きな橋を3本渡って、瀬戸内海をのぞむ「サンセットビーチ」へ。
ホントに目の前が海、ビーチでした。
すぐ裏はビーチ。行き来自由。
普通の海水浴客も、フェスタ客も、出演者も(笑)ぶらぶらしてますよ。

でね、ステージは海とは逆方向に向かってるんですけど右手が山なんですよ!
山ですよ!緑あおあお。しかも蝉時雨は絶好調です。
はっぴいえんど「夏なんです」の世界です。たまらないっしょ?

イベント自体は程よいゆるさがたまらずよく、不便さがまるでない。
大きすぎないところがまたいい。
人が多すぎないから、踊るスペースも確保できるし、
見たくなったらすぐどんどん前にいけるし。
並ばないし、道も混まない。
集まってるお客さんもいい。暴れ馬はそんなにいない。
モッシュはあるけど、ダイブはない。
ちなみに警備の人もいない(笑)
暑いのだけ対処すれば(これが結構大変だけど)、
子どもも全然連れてこれます。
あと、クロークもあるのよ!これ助かりました。

そういや、Oi-skall matesタオルの人が何人かいた。
出ないのにね。人気あるんだねとしみじみ。
かくいう私もオイスカTシャツで参加。だから出ないって。

相当期待して行ったけど。
その期待をはるかに上回る楽しさだった。

そして、ラマフェスタ初日の想い出。(時系列)

■ 曽我部 恵一 バンド
「青春狂想曲」やった!サニーデイ時代の曲。
曽我部は詳しくないけども、この曲は好きだったからコーフン。

■赤犬
見たことなくて、期待してた赤犬。もちろん前で見る。
アメリカ国歌に「君が代」の歌詞をあてた曲で登場。パンチあるなぁ。
私の好きなSKAです!SKA以外も超好みです!(言動にいささか問題はあったが)(それも誤解だったらしいからちょっとほっとしたけど)
でも飛び道具的な部分も好きだ!
すごい格好なんだけど歌も演奏もうまい。
サービス精神がときに空回りしたりとか。

あとフロントの男性ががスクール水着に着替えて、
アイドル歌謡まであり。
「セクシー、とかかわいい、じゃないですよ。萌え~ですから」
えーっと、ということは…
やったー!!きました「パンパパン、ヒュー」
ここでできると思わなかったので、すごいうれしかったですこれ。
で、楽団的には(バンドじゃない、楽団ね)フィドルがいて!
曲はアイリッシュなやつもあって、ステージ上手の山みながら踊り狂ってみた。
最高に好きだ、赤犬。ついていくこと決定。
かなり暴れました。


■DOBERMAN
そしてこの日一番のお目当て、ドーベルマン。
彼らはこの炎天下でもスーツであった。紫の。
かっこいいねー。

そして。期待以上にかっこよすぎたドーベルマン!
ネオスカでありながらポルカの要素とかも濃くて、
しかもキーボードメロディが超好み!
メロのラインがマイナーだけど激しく、
隙のない、手を抜いてないツボついたメロディ。
もってかれたよ。愛してますドーベルマン!ワンマンも行くから。
途中のハープも最高でした。うまいったらありゃしない。
ハープとSKAって初めてみたけどなんのなんの。
すっげー!あーかっこいい。
途中で熱を冷ますかのように空が曇り、雨になる。
雨のドーベルマン、ちょうどいいくらい。曇り空が似合う。ネオスカだもの。
最後は最前列で見た。タカシははだしだった。うぉー!


空はさらに曇り。雨は強くなる。
蜩はなき続ける。瀬戸田のひぐらしの声はきれいだ。
そう、せみの声がきれいなんですよ。理由が分からないけど。


■KODAMA AND THE DUB STATION BAND
こだまさん。山や空を見ながら聴きたくて、ひきの位置で見る。

雨の中登場したこだまさん。たたずまいからしてかっこいいのだ。

そして最初に吹いたのが
「what a wonderful world」だった。

その場にしゃがみこんじゃった、私。

雨の海、空はどんより。
夕暮れ時に少しだけできた雲の切れ間からオレンジ色の明かりがさしこんでいる。
演奏している最中にも雨は人々をうち、緑の色は心なしか濃くなり、
人々を湿らせてその中をトランペットの音が響き渡り、
ベースのリズムが島の外をうねる。

本降りになった雨の中、芝生の上できままに踊る。
また山を見る。人を見る。
多分これは伝説になるんじゃないかな。
少なくとも私の中では。
間違いなく、人生の中で思い返すシーンのひとつだと思う。

「ジェンカ」や「朝日のあたる家」もやった。

雨にうたれつつ聴いた。
聴きながら、生きてて今ここで音楽が聴ける幸せについて思った。
本当に幸せだとおもった。
生きててよかった。本当に。
そういうことを思わせる音だった。

いろんな音楽のつながりからここに来れたこととか。
今思い出しても涙ぐむんだけど、
理由が分からない。
うれしいのかせつないのかも分からない。

そんな瞬間でした。

そしてライブ終了後、友達がおばさまと話してた。
知り合い?と思ってたら、
知らない地元瀬戸田の人だったらしい。
こだまさんの演奏に感動して、話しかけてきてくれたそうな。
(瀬戸田の人は招待で入れたので、おじいさんとかもいたのだ)

そういういろんな人に届くって言うの大事なんだなぁ、と思った。


■EGO-WRAPPIN'
エゴは自分たちのレジャーシートに寝そべって、
だんだん暗くなってく空を見ながら聴きました。
夜がきた。静かに、ゆっくり、確実に。
夜がくるのじっと見てることってあんまりないよね?
怖かったです。夜になるの。
とても不安な気持ちになった。
毎日来ている夜なのに。ちゃんと見つめると怖い。


想い出の強いところは初日そんな感じ。
あとこの後TGMXと写真とってもらった!
初めてしゃべった田上さんに翻弄されたりとか
こういうのもフェスならではなんだろうか(笑)
あの人おもしろすぎ。


本当に「What a wonderful world」だった。
くしくもこの曲、翌日は別のメンバーにてまた演奏されるわけなんだけど、
このフェスを間違いなく象徴する曲だった。
双方が演奏されたシチュエーションも含めて。

この日は広島60年目の原爆の日だった。
今まで8月6日つったら「原爆」しかなかったけど(広島出身なんで)
これからは、2005年の瀬戸田を先に思い出すと思う。ピース。
[PR]
by cbaristaykrx | 2005-08-14 23:52 | ライブがらみ
LONDON NITE
夕方~夜開催、未成年でもいけるLONDON NITEに行ってきた。

LONDON NITE SUMMER JAMBOREE '05 @ 新宿ロフト 8/14 ( SUN )
NO ALCHOHOL~KIDS ARE ALRIGHT!



大貫憲章先生のコメント(?)はこちらで。



30ですがオールナイトはきつい(ほとんど無理)な事情があって

やっと初めてのLONDON NITEだったわけで。うれしかったです。



以下感想。



◆ろんろんくるー初めて見た。Ben Folds Fiveの『Sports&Wine』カバーしたのが泣けました。

◆やっと見たMackshow!鷲掴みにされたね。メロディが激しくツボでした。しかも皮ジャン、リーゼント!楽しそうにやってお客さん盛り上げるところとか。惚れました。

◆んで、ロスランチェロス!久々だったがやはりかっこよかった。時間短くて、もっと聴いてたかった。
あと自分が『Spring has come』を思った以上に好きなこと発見。体が動いちゃうんですよ。
ロスラン野外で聴いてみたい。そしてやっぱりもっと聴きたかった。

◆思いのほかロカビリーの人が多くてびっくりした。そして踊らない人が案外多くてこれもびっくり。

◆Dr.IharaのDJがやっぱり好きです。そうそう、スカフレイムスRip Van Winkleかかってまた卒倒。

◆渡辺俊美さんいました。相変わらず男前でした。

◆大貫憲章先生はエアギター(いや、ギターは持ってるから正確には違うけど)を披露。

そんな感じの一夜。
[PR]
by cbaristaykrx | 2005-08-14 00:17 | ライブがらみ